現実について

現実とは何か

社会構築主義の立場に立脚すれば

社会(Ideology)は人々が作り出した集合意識とする一方で

現実(Reality)は個人の認識・認知に帰属されるという。

つまり現実とは自分自身が生み出した生産物である。

私たちは日々の中で現実を再生産しており、

固定化された思考様式を積極的に補強しようとする。

故に固定観念(Paradigm)が個々人に形成される。

パラダイムを転換し脱構築させる為には疑問を提起し

人々に再考させなければならない。