読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VRライブチャットについて

 ライブストリーミングコンテンツの配信(ライブチャット)を行う企業

設立
2005年2月
資本金
300万円
売上高
74億9700万円(2015年実績) ※連結子会社の売上高含む
従業員数
65名(アルバイト含む)

ライブチャットシステムの提供企業

ライブチャットの代理店企業

VRライブストリーミング

VideoStitch Vahana VR 1.0正式リリース - 世界初の360videoライブ配信ソリューション - Panoramania, DIARY

VahanaVRによるパノラマ動画ライブストリーミング検証 | PANOPLAZA

GoPro(カメラ)6台とVideoStitch Vahana VRとYouTubeで360°VRライブ配信する方法 - Qiita

技術的にはすでに実現可能。

課題は画質とそもそもHMD持ってない問題。

www.infiniteloop.co.jp

VRライチャットシステムの詳細が気になります。

バイルVRについてメモ

www.4gamer.net

 現在主流のVR対応HMDは,液晶パネルや有機ELパネルといった直視型ディスプレイパネルを拡大光学系を通して覗き込む構造になっている。この構造なら,ディスプレイをスマートフォンに置き換えて,光学系アタッチメントを組み合わせることでも似たようなものが構築できる。実際に,このアイデアをもとにして作られたのが,Samsung Electronicsの「Gear VR」という製品だ。

 スマートフォンには,加速度センサーやジャイロスコープが搭載されており,頭部を中心とした全方位への視点の移動や,傾きを検出可能だ。精度や遅延といった性能面はともかくとして,VR対応HMDを構成する最低レベルのハードウェア要件は満たしているといえる。VRコンテンツを表示するコンピュータとしての性能も,最新のゲーマー向けPCや据え置き型ゲーム機には及ばないが,10年前の据え置き型ゲーム機よりは高性能となっており,絶対的な性能はそれなりに高い。

 つまり,カジュアルなVRコンテンツを実行するのにスマートフォンは適しているわけで,ゆえに今後主流となるVRデバイスは,Gear VRのようなスマートフォンベースのHMD,いわゆる「モバイルVR」になるのではないか,とBurtey氏は問いかけた。

 まずはモバイルVRと実写動画コンテンツが本命になる。

SHOWROOM VR対応カメラリスト

16.09.02

【動作確認済みビデオカメラ】
RICOH THETA S
 (https://theta360.com/ja/about/theta/s.html)
 ※ 本体の仕様により連続して使用できるのは60分程度となります。またTHETA S本体のマイクを使用した場合、音声が聞き取りにくい場合があります。

・改造済みGoPro+Entaniya Fisheye 280
 (https://www.entapano.com/shop-jp/product/oc280ck/)
 ※ 上下左右280°の視野角となります。

 立体視ではなく280°360°動画のようです。

アダルトVRライブチャット